logo.png

治療費

自費治療の被せ物のご案内

(保険適応外の自費診療となります。価格はすべて税別です)

当院の自費診療の特色

・  被せ物の選択肢が豊富で、患者さんのご希望に沿った選択が可能です。

・  全て1年から2年の保証付きです。

・  技工所との連携により、良い物を安価に提供できるよう努力をしています。

・  インプラントの上物の場合でも、料金は変わりません。

保険と自費の違いについて

・同じ白に見えても、素材の違いにより自費の方が自然の歯に近い透明感や白さが出ます。

そのため、ご自分の歯とも調和しやすいです。また、金属を使わないので、金属アレルギーを起こしません。(※一部の被せ物を除く

・保険の詰め物は樹脂だけでできている為、時間がたつと黄ばんでしまいます。金属の場合、6年程度で腐食する可能性があります。

・耐久性は保険で約7年、自費で約15~20年です。

 

【歯の一部を覆う白い被せ物】

部分的な詰め物のため、特に色の違いが目立ちます。

色だけでなく、残った歯にも優しいのが自費の詰め物の特徴です。

①E-max:耐久性・審美性が高いセラミック素材で、当院のおすすめです。

・熱を伝えにくいので、歯がしみることがほぼありません。

・天然歯に近い硬さで、天然歯を過度に摩耗させません。

・豊富な色調と透明感で、ご自分の歯と色を合わせられます。

それぞれ二年保証付き:インレー(小さい詰め物) ¥59.000-・アンレー(大きい詰め物) ¥ 70.000-


②フルジルコニア:強度のある素材で、噛み合わせが強い方におすすめです。

・熱を伝えにくいので、歯がしみることがほぼありません。

・ジルコニアで出来た、強度のある詰め物です。

※透明感の少ない明るい白色のため、ご自身の歯の色と差が出ます。

 それぞれ一年保証付き:インレー(小さい詰め物) ¥49.000-・アンレー(大きい詰め物)・4/5冠  ¥ 51.000-

 

【歯の全体を覆う白い被せ物】

冠を全体に被せるため、金属の場合には隣との色の違いが目立ちます。 

 

①フルジルコニア冠:硬さを重視する方におすすめの被せ物です。

・ジルコニアで出来た強度のある詰め物のため、嚙み合わせが強い方におすすめです。

※非常に硬い材質の為、インプラントの被せ物にはおすすめしづらいです。

※天然歯よりも硬いため、噛み合わせの調節を十分にする必要があります。

一年保証付き:¥80.000-

 

②E-max: 耐久性・審美性が高いセラミック素材で、透明感のある被せ物です。

・従来のセラミックよりも審美性・耐久性のあるセラミック素材です。

・豊富な色調と透明感で、ご自分の歯と色・形と精密に合わせられます。

・歯肉付きの模型で作製するため、歯茎にもぴったりと合います。

・天然歯に近い硬さで、天然歯を過度に摩耗させません。

※四本以上のブリッジや、大臼歯を含むブリッジには適しません。

その場合は、ジルコニアポーセレン又はメタルボンドになります。

二年保証付き¥95.000-

 

ジルコニアポーセレン:硬さ・透明度・色調の全てにおいて最良の被せ物です。

・セラミックをベースに、白色のジルコニアで強度を持たせています。

・色と硬さのバランスが最も優れており、ブリッジにも適しています。

・豊富な色調と透明感で、ご自分の歯と色・形と精密に合わせられます。

・歯肉付きの模型で作製するため、歯茎にもぴったりと合います。

・金属を使わないので、金属アレルギーの方にも適しています。

二年保証付き:¥115.000-

 

メタルボンド:古くからあるセラミックの被せ物です。

・金属の上にセラミックを乗せた被せ物です。

・セラミックのみだと割れてしまうため、金属での補強をしています。

※金属アレルギーの方には向きません。

※歯の裏側に金属が出るため、天然・自然感がその他の技工物に比べて若干劣ります。

 二年保証付き:¥95.000-

 

【前歯の表面全部を覆う被せ物】

ラミネートベニア:

ホワイトニング適用外の変色がある場合にお勧めです。

・  歯の表面を0.5㎜程度(コンタクトレンズほどの厚さ)削り、型取りの後接着剤で貼り付ける方法です。

・  多色なのでご自身の歯と調和しやすいです。

・  保険のレジンは変色しやすいですが、ラミネートベニアはほとんど変色がありません。

 二年保証付き・多色:¥90.000-

 

  

インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った場所のあごの骨に人工の歯根(インプラント)を入れ、失った歯を再生させる治療です。

【インプラント治療のメリット】

・天然の歯と同じように、もう一度生えたかのようにしっかりと噛むことが出来ます。

・異物感が無く、物がつまりにくいです。

・天然の歯と変わらない、高い審美性があります。

・入れ歯やブリッジと違い、健康な歯を余計に削ることがありません。

・インプラントがあごの骨に力を加えるので、あごの骨がやせるのを防げます。

 

【インプラント治療のデメリット】

・歯を抜くのと同じ程度の手術が必要です。

・再生治療のため、一般的な入れ歯やブリッジに比べて費用がかかります。

 

【インプラント治療はどれくらい持ちますか?】

・インプラントは天然の歯と同じように日々のメンテナンスが必要です。

怠ると歯周病になる可能性がありますが、歯周病にかからなければ本体は一生使用できます。

・インプラントの上物には耐用年数があるため、破損した場合には取り換える必要があります。

・インプラント本体は二年の保証付きです。

 

☆インプラントで入れ歯を支える方法☆

インプラントを2~3本入れ、入れ歯(総入れ歯)を支えることをオーバーデンチャーと言います。

オーバーデンチャーには、次のようなメリットがあります。

・入れ歯を支える力が大きいので、噛む力が大きくなり、なんでもよく噛めるようになります。

・入れ歯が小さくなることで発音や味覚が良くなり、違和感が減ります。

・入れ歯が取り外しできるので、残った歯へもハブラシがしやすいです。

・入れ歯は保険内で作れる場合や、今使っているものを使用できる場合があります。

→一方で、支える歯やインプラントに負担がかかりやすい治療でもあります。

当院では、その負担のバランスをとるような設計・デザインを行っています。

 

【当院のインプラント治療の特徴】

当院では、日本口腔インプラント学会認定の専門医である院長が施術を行います。そのため、経験数が多く、インプラント治療に対する知識が豊富です。難易度が高く、他院では施術できないような症例でも当院では可能です。

また、より良い治療が出来るように最新の機械やCTを使用しています。笑気麻酔や静脈麻酔の用意もありますので、痛みを感じない治療が可能です。

インプラント治療の目的はQOL(生活の質の向上)にあります。

ブリッジなど、ほかの治療では噛めないものが噛めるようになるインプラント治療を行う事で、生活の質の向上の手助けができれば幸いです。

 

【インプラント治療代】(税抜き価格)

◎CT代 : 片顎 ¥10.000- 両顎 ¥15.000-

(※症例によっては術後確認のためにCTをとる場合がございます。その際追加料金は不要です。)

◎インプラント代 : 1本 ¥250.000-

◎インプラントに被せる被せ物(※別紙参照) : ¥95.000~¥105.000-

◎骨が足りない場合の造骨処置 : 1歯につき、状態によって ¥30.000~¥80.000-

 

☆以下、おすすめの処置

インプラント埋入用のガイド

デジタルガイド:1歯 ¥28.000- 追加1歯ごとに¥4000-

簡易ガイド:3歯まで¥5.000- 4歯以上¥6.000-

インプラントを埋入する際、症例によっては1㎜の誤差も許されない場合があります。

その場合はCTを元に3D模型を作り、精密な埋入を可能とするガイドを作製します。

ピンポイントで埋入できるので、デジタルガイドの作製をおすすめしています。

骨の状態が良い場合には、簡易ガイドで済む場合もあります。

(※ガイドの作製が上下になる場合には、それぞれ費用が掛かります。)

インプラント上部のためのカスタム土台 : 1歯 ¥50.000-

通常は既製の土台を使用しますが、歯を入れる部位の状態は人それぞれ異なります。

カスタムの土台を入れることによって、被せ物が良く合い手入れしやすくなります。

また、形がよりきれいになるので、審美性にも優れます。

金属ばねの無い入れ歯 ノンクラスプデンチャー 

ノンクラスプデンチャーは金属ばねのない、見た目に優れた入れ歯です。素材は薄く、軽く、弾力がありお口にぴったりとフィットします。

透明感のある見た目なので歯茎とよくなじむだけでなく、食べ物が入れ歯に挟まることも少なくなります。

また、金属を使用しないため金属アレルギーの方にも最適です。

見た目や食べ物の挟まりが気になる方、ぜひノンクラスプデンチャーに変えてみませんか?

料金(外税)

一~三歯  ¥140.000-

四~七歯  ¥180.000-

八歯以上  ¥220.000-

※歯の色はお選びいただけます。

※一年の保証付きです。製作後一年以内であれば破折・破損・緩くなった場合にも無償修理を致します。

 

金属床義歯のご案内

薄くて違和感のない、食べ物の温度を感じられる入れ歯(義歯)を使ってみませんか?

金属床義歯とは、保険ではプラスチックで作る入れ歯の土台を金属で作る入れ歯です。金属床義歯には、様々なメリットがあります。

①薄くて軽い

金属は強度が強いため、薄く・軽くできます。保険のものに比べ4倍以上薄くなるため、装着感は別物です。話す際の違和感も少なくなります。

②温度を感じる

プラスチックの土台は食べ物の熱を通しません。金属の土台にすることで、食べ物の温かさ・冷たさからくる味わいをしっかりと感じられます。

③しっかり噛める

土台の部分が金属でできているため、プラスチック製のものより丈夫でたわみにくいです。細かい調整もしやすいため、よく噛むことが出来ます。

当院では、金属アレルギーのリスクが非常に少ないチタンで金属床を作製します。チタンは軽くて強度があるため、より厚みや違和感の少ない入れ歯を作ることができます。

 

 

矯正治療

大学病院勤務の矯正専門医が、大学病院と同様の矯正治療を致します。また、一般の開業歯科医院と比べて安価な値段設定です。

症例に応じて70万-80万円程度、マウスピース矯正は90万円程度です。

詳細は是非お問い合わせください。カウンセリングは無料になります。