logo.png

インプラント治療とは

インプラント歯科治療とは、失ってしまった歯の部分の顎骨にネジの様な人工の歯根(インプラント)を入れ、その人工歯根の上に人工のさし歯や入れ歯を作り、歯を失う前と同じような機能と審美性を回復する治療方法です。
 

インプラント治療と他の治療法の比較

歯を失った所に新しく歯を入れるには3つの方法があります。


1.取り外し式の入れ歯

1つ目は取り外し式の入れ歯になり、バネがかかる
 

2.さし歯

ブリッジと言うさし歯の形となります。で虫歯でない両隣の歯を削ったり、神経を取ったりする必要があります。保険で行う場合、前歯以外は銀色になります。
 

3.インプラント

天然の歯には根があり、それが顎の骨に埋まってしっかり固定されています。インプラントは天然の歯と同じようにチタンで出来た人工の歯根を顎に入れ、その上に被せ物を入れます。したがってもう一度自分の歯が生えた様な感覚で物を噛んだり、審美性を回復します。通常治療するのに2~3ヶ月かかるので、その後被せ物を入れます。
 

インプラント治療の特徴

インプラント治療のメリット

インプラントは固定性である為にガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。
入れ歯ではどうしても満足する事が難しかった 「食べる・話す」 事も、インプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻す事ができます。また、周囲の歯に負担をかけない事も大きな特徴です。

インプラント治療のデメリット

インプラント治療に伴う最大のリスクは、インプラントの植立に外科手術が必要と言う事です。術者の治療経験が大きく結果に影響します。当院はすべてインプラント専門医の院長が対応致します。
 

当クリニックのインプラント治療

インプラント治療を成功に導く為には、綿密な治療計画と術前の管理が必要不可欠となります。
当クリニックでは、歯がなくて他医院で断られたようなケース、あるいはインプラントを入れてすぐに咬めるようなインプラント処置、歯を抜いてすぐにインプラントを入れる方法等、インプラント専門医として上記の難しい症例に対応してます。


インプラント治療と一口に言っても、いくつかの方法があります。

 A.骨と癒着するまで待ってから入れる方法
 B.骨の癒着するのを待たずにすぐに入れ、被せ物を手術日に入れる方法
 C.抜歯と同時にすぐにインプラントを入れる方法
 D.骨がない所に入れる方法
 E.入れ歯をインプラントで安定させ発音や硬い物が咬めるようにする治療

どの治療方法が良いかは、患者様の症状やご希望をお伺いし、ご提案させて頂きます。
歯を失ってお悩みの方、入れ歯(義歯)で不便を感じている方、是非ご相談下さい。