logo.png

歯科口腔外科

歯科口腔外科の診療領域では、親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷の治療等と言った顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般等を扱います。原則として口唇、頬粘膜、上下歯槽、硬口蓋、舌前3分の2、口腔底に、軟口蓋、顎骨(顎関節を含む)、唾液腺(耳下腺を除く)を加える部位となります。
 

当クリニックの歯科口腔外科治療

当クリニックでは、一般的な歯のみの治療だけではなく、以下に挙げるような口の中、顎、舌の疾患全般を対象に診断・治療を行っております。また院長は卒後、口腔外科を専門的に習得いたしました。下記の治療に対応しています。設備的に対応できない場合は、東京医科歯科大学の口腔外科をご紹介いたします。CTを完備しているので、親知らずを抜歯する時など神経を損傷せずに安心して抜歯ができます。また腫瘍などの早期発見も可能です。

・歯科インプラント
・重症の歯周病
・埋伏歯、親知らずに関するトラブル
・顎骨の変形、発育異常
・頭頸部領域頭頸部領域のけが、骨折
・頭頸部領域の嚢胞(のうほう)
・頭頸部領域の感染
・口腔粘膜疾患
・口唇裂、口蓋裂
・外傷
・口腔癌 

・親知らずなどの歯の移植術(保険適用)

 等

 

顎関節症

口が開けづらい、額関節部に音がする、痛む等の額関節症に対応しています。ほとんどの場合マウスピース等の理学療法で治癒します。顎関節症診断の為X線撮影装置を完備しております。