logo.png

歯周歯科

 

歯を失う原因は2つあります。

1つは虫歯、もう1つは歯周病です。

歯周病とは、歯そのものではなく歯を支えているあごの骨や、歯肉の病気です。

歯周炎の進行の度合いによって、症状や治療法は変わってきます。

一番最初はブラッシングの際に歯肉から血が出る状態。

さらに進行すると、歯を支えているあごの骨が解けて歯がグラグラし、虫歯でもないのに歯が抜けたり、歯を抜かないといけない状態になります。

虫歯と違って症状が静かに進行し、穴があいたりするわけではないので気づきにくい病気です。

したがって、定期的に病院でチェックをし、軽いうちに治すことが肝心です。